水色暈し硝子徳利











硝子の徳利です。
幕末から明治頃の物でしょうか。

乳白と青を混ぜた独特の色合い。
縁のみに施した繊細なデザインが実に日本的で美しいと思いました。
手取りは驚くほど軽く、見た目と合間ってとても軽やかです。

吹きガラス特有のうねりもはっきりと見られ、呑みながら景色として愉しめそうです。
丁度1合サイズで重宝しそうです。

珍しい造りですのでコレクションにも◎


※特筆すべき疵などなく良いコンディションです。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
口径:約1.8cm
直径:約4.7cm
高さ:約14.0cm
容量:約180ml(なみなみまで入れて)