印判桜散らし文猪口








口縁の窯傷(表,裏)



印判猪口です。
明治頃の長沼焼(会津本郷周辺の窯)と思います。

桜散らしの洒落たデザイン。
古い器には季節を意識した物が多く、この模様ももっと数があっても良さそうですが初見の物です。
”紙刷り印判”特有の個体差があり少し歪んでいたり紙ズレがあったり。
現代の製品であればB品として弾かれてしまうような物も今は味があって良いですね。

普段使いに丁度良さそうなサイズで愛用頂きたいです。


※在庫は5点あり、それぞれ個体差がございます。
1点の口縁に窯傷がございましたので格安にしております。
(口当たりは問題ありませんのでご使用頂けると思います)
他4点は特筆すべき欠点はございませんのでこちらで選ばせて頂きます。
全てを詳細に記載が出来ない事どうぞご理解くださいませ。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約6.5-7.3cm
高台径:約4.0cm
高さ:約6.6-6.9cm