手鞠

表情違いの手鞠3点。 現代の凝った造りの工芸品とは違い落ち着いたシンプルな図柄が気に入りました。 落ち着いた絹糸の光沢感も品があり古手の物はやはり雰囲気が違いますね。 手鞠各種 明治-大正頃...

螺旋硝子キャンディポット

蓋部分に小さなチップ 大正から昭和初期頃のキャンディポットです。 捻り模様はとても珍しく初めて見かけました。 製造方法は不明ですが、底部の少しズレた痕が巻貝のように見える。 手仕事の美しさが見えてとても気に入っています。 ...

カンカン帽

大正から昭和初期頃のカンカン帽です。 昨年の夏にも一品扱いましたが、痛みが少ない状態の良いものがまた入荷しました。 現代ではあまり見ない"四菱編み"で編まれており連続する菱型が...

布志名焼黄釉急須

極小のホツ 製造時の口部分の傷です 布志名焼の急須です。 明治頃の物でしょうか。 布志名焼の黄釉は数も少なく急須は初見です。 ポテっとしたずんぐり体型とつまみが可愛らしい造形。 装飾も少なくミニ...

松材将棋盤

分厚くずっしりと重い松材の将棋盤です。 お手製の物で質感から江戸から明治頃の物と思います。 経年によりしっとりと渋く育った抜群の木味。 升目も規則正しく丁寧に彫られており、盤としての美しさも感じられます。 花台や展示台としても良くモダンな花器などとの相性も良さそうですね。 ※古い...