獏木鼻

獏の木鼻です。 装飾が少なくシンプルな造りで江戸初期から中期頃の物と思います。 (前所有者か発掘者の”ぞう〜”という書きがありますが、鼻の形状から獏としました。間違っていたらすいません) 社寺建築などに用いられる”木の先端(木の端)”という意味が転じて”木鼻”と呼ばれるようになっ...

硝子急須

吹き硝子製の急須です。 大正から戦前頃の物と思います。 圧倒的に焼き物が多い中、ごくたまに見かけていた物ですが今回初めて扱います。 この時代の急須ってなんでこう丸っこくて可愛らしいのでしょうか… 職人仕事とは素晴らしいもので、再現性の高さにはいつも驚かされます。 吹き硝子特有のと...

鋳銅製花瓶

鋳銅製の花瓶です。 緑青のなんとも言えない渋くかっこいい質感。 枯れ枝などなんでも使いやすそうな一輪挿しというのも花活けに使いやすそうです。 昭和の工芸品で時代の若い物ですが、現代の感覚と合うような物をピックアップしてご紹介しています。 共箱あり。 ※特筆すべき疵などなく良いコン...

志野焼鈴型向付

志野焼の蓋付向付です。 類品を見たことがないのですが江戸後期から幕末頃の物と思います。 鈴をモチーフにした物は当時であれば斬新なデザイン。 志野焼は僕のセレクト対象にはあまりしないのですが、見た瞬間この渋可愛い表情にやられてしまいました。 両側面の彫り模様のさりげなさや刷毛目を残...

白珉平汲出碗

珉平焼の汲み出し碗です。 白珉平は少し珍しく大正頃の物と思います。 磁器質の肌に掛かった透明釉に細かな貫入が入りとても上品な雰囲気。 ミルク色とも言える透き通るような”白”がとても潔く、白薩摩や砥部焼など他の産地の白磁とはまた違った良さがあります。 一度も使われていなさそうな状態...