墨抜菊花繋紋猪口

蕎麦猪口絵柄辞典 小川啓司著 江戸後期から明治頃の菊花つなぎ猪口です。 古くからある菊をモチーフにした親しみやすい一品。 少しモヤっとした釉調で、伊万里とは違う印象です。 "切込焼"...

信楽焼陶板

Instagramでは少し前に掲載していましたが、こちらでもご紹介です。 大正から昭和頃の信楽焼の陶板です。 ごりっとした表面の質感がかっこ良く、ぐるっと緋色の縁も良いアクセント。 2箇所ある亀裂も何か意味を持つような。 展示台と...

失われた蓋

明治頃、瀬戸の輪線小壷です。 本体は無疵ですが蓋だけ何処かへ行ってしまったのでしょうか。 ただ、失われた蓋がなくてもこれだけで美しいと感じました。 そっと飾るにも観ていて飽きないぐるぐる模様です。 無蓋輪線小壷 明治頃 ...

明治硝子高坏

明治末期頃の硝子コンポートです。 ステムには気泡が入り、まるで小さな世界を形成しているよう。 実用にも良いサイズ感。 もちろんオブジェとして飾るにも◎ 古手の硝子からは温かみを感じます。 時代のスレ傷などはありますが、欠けはありませ...

美濃鉄釉擂小鉢

幕末から明治頃の擂小鉢です。 鉄釉の質感が渋い一品。 よく使われたのか見込みは擦れてしまっていますが、 竹櫛などでさささっと引かれた擂り部分が民藝調で良い感じ。 高台部分など全体的に意外と手が込んでいて、好感が持...

木彫熊

ローアングルで怪獣っぽく 木彫の熊です。 彫り跡も優しく、良いデフォルメ感。 迫力のある熊ですが、表情は優しく微笑んでいるように見えます。 小さくて飾るにもとても良いサイズ感。 雨ざらしになってい...