美濃漆黒釉飯碗





本漆直し


製造時の釉薬ムラ







美濃漆黒釉の飯碗です。
江戸後期頃の物と思います。

あまり取り上げて紹介している同業者も少なく、あまりピンと来ない方も多いと思いますが鉄釉を意図的に漆黒に発色させたものをそう呼ぶそうです。
この手の物は探してもなかなか見つかる事はなく現存数がそう多くは無いのでしょうか。
過去に小皿や小鉢など数点扱ってきましたが"飯碗"は初見です。

この吸い込まれそうな艶と発色は現代作品にも見えてしまいますが、古手の物はやはり雰囲気が全くの別物。
反射する特有の釉薬は妖艶にも見えてしまいます。

普段遣いにも良いサイズ感で、独特のたわみから丁度良い角度を探すのも愉しい。
個人的にとても気に入っていて手放すのが悩ましい一品です。


※縁2箇所の欠けを本漆で直してあります。(blog画像参照)
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約11.3cm
高台径:約5.0cm
高さ:約6.5cm