硝子片口











硝子の片口です。
大正から昭和初期頃の物と思います。
元は薬品などを擂るための物で、見込みはサラッとした質感の磨りガラスになっています。

お茶碗程のサイズ感。
水飴みたいなトロトロの硝子質でついつい眺めてしまいます。


※特筆すべき疵などなく良いコンディションです。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
最大幅:約12.0cm
高さ:約7.2cm