黒硝子網目花瓶








黒硝子の花瓶です。
大正から昭和初期頃の物と思います。

黒色硝子は様々な色ガラスを混ぜて造ったと言われており、化粧瓶などには使われていたりするのですが花瓶に使われているのはとても珍しいと思います。
珍しいからといって扱うわけではありませんが、この漆黒といって良さそうなクールな佇まいと面取り網目模様のモダンさには惹かれてしまいました。
艶と気泡や製造時のシワなどもあり手造りの跡なども見所です。

一輪挿しとしてはもちろんですが、酒器に転用できそうなサイズ感も魅力です。


※大きな傷なども無く美品です。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約6.7cm
口径:約3.4cm
高さ:約14.8cm