麦藁手銅鑼鉢











麦藁手の銅鑼鉢(どらばち)です。
こちらも麦藁手と言って良いのかわかりませんが商品名とさせて頂きます。
明治から大正頃の物と思います。

こちらは淡い螺旋模様が上品な印象。
お茶席で菓子鉢などとして使われていた物でしょうか。
水盤としてや煮物用などにも丁度良い深さです。

瀬戸では定番の器形ですが、何にでも使いやすそうでヒット商品であったことが伺えます。
いろんな用途を想像して愉しんで頂きたい一品です。


特筆すべき疵などなく良いコンディションです。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約20.7cm
高さ:約7.2cm