軒丸瓦残欠








屋根瓦の残欠です。
河上りの発掘品で推定江戸期の物と思います。
軒先に使われる丸瓦なのですが、長い年月を河の中で過ごし角が取れて滑らかに。
現代作家の作品のようにも見える丸い姿がなんだか可愛らしい表情です。

オブジェとして飾るのに自立するのもポイントが高い!


※古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約9.5cm
幅:約5.0cm