布志名焼 黄釉ぼてぼて茶碗(錫繕い)








布志名焼のぼてぼて茶碗です。
以前扱った物よりも少し古手で江戸後期から幕末頃の物かと思います。

緑釉のものはたまに見かけますが黄釉のものは少し数が少ないようです。
素朴な釉調で艶とムラ、細かな貫入が美しく入っています。

残念な傷があり、捨てるには惜しいと思い錫で繕いました。
側面は細い銀色線が入り鈍い光沢が美しく、見込みは貫入に染み込んだ漆が脈動しているようでとてもかっこよく蘇りました。

なんだか"やじろべえ"や"傘"のようにも見える対照的な古傷でしたがここまでかっこよくなるのかと感動しました。
直して使うという行為は持続可能な社会(Sustainable)を考える上でも重要な取り組みでもあると思っています。


※本漆錫仕上げが施されている部分以外はとても良い状態。
使い込む事で鈍い銀色に育ちます。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


黄釉ぼてぼて茶碗(錫繕い)
江戸後期-幕末


size
直径:約9.8cm
高さ:約7.5cm
高台径:約5.0cm