白萬古盃







明治頃の萬古焼の盃です。
恐らく煎茶杯の離れ物だと思います。
手捻り跡を残した白萬古に見られる造り。

急須も幾つか見た事があるのですが、気に入る造形ではなかったりであまり扱いません。
この盃はシンプルながら温かみのある造りで気に入りました。

内側にだけ施釉されており細かな貫入が美しいです。
ぐい呑みに丁度良いサイズで使い込む事で育ちそうです。


※古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約6.8cm
高台径:約3.0cm
高さ:約4.2cm